ARCHIVE

世界観記録

こちらはLuna Systemが手がけたシリーズや関連作品に存在する、
専門用語と世界観情報が記録されたページになります。

タグ:神器

クロノ=グロウリア[時の懐中時計]

クロノ=グロウリア[時の懐中時計]

Chrono=Glourias

[名] クロノグロウリア

詳細を見る

詳細

ステリィア皇国から持ち出された伝説の秘宝。懐中時計の形をしている。時を操る力という世界を覆す可能性のある最重要S級危険遺物“グロウリアの遺産”の一つ。名前から分かるように、前作のリブロ=グロウリアと同様のグロウリアを冠する神器の類いである。

もう一つの秘宝?

危険性の高い遺物のせいか、誤動作を防ぐために巻き鍵(クロノクロックキー)という相方の鍵が用意されている。

ステリィアでの歴史

ステリィアの王家はかつて、この秘宝の力を使い、乱れた国の秩序を正して民を導いた。しかしエリサは秘宝を災いの象徴だと言う。なぜなら後世ではその力は人を虜にし、秘宝の力を巡って諍いを始めてしまった。それを嘆いたエリサの祖父が、日本の友人の助力を借りて時計塔を建て、そこへ秘宝を封印した。今でもとある派閥が、エリサを次の王に擁立しようとクロノ=グロウリアを探している。いきすぎた力は人を幸運にも不幸にもするという戒めの例。

コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

ファスタ=ドローテ=グロウリア。「ノアーるwiz恋の魔法」に登場する伝説の魔法使い。男性。ノイエの師匠であり、早くから彼女の素質を見抜いて、魔法を教えていた。その若かりし頃、魔法が緩やかに衰退しつつある異世界で、歴代でもトップに次ぐ魔法力を持つ者としてグロウリアは現れた。国や魔法ギルドは今後の世界を担う栄光ある責任者として、彼を『希代の魔法使い(Extraordinary Wizard)』と呼び、称える。しかしそれも束の間、数年後に彼は唐突に現役を退き、それ以降は表舞台から姿を消すことになる。伝承では死亡したとも魔に墜ちたとも伝えられるが、一説では、晩年は悠久の場所について執心していたらしく、そこへ消えたとも云われている。終始グロウリアの目的は不明で、彼の使用した莫大な魔法力を宿すアイテムだけが、未だ各地に眠っているらしい。現代世界でも例外ではなく、彼が訪れた際に遺した遺物が確認されている。例えば、成稜学園にある『グロウリアの懐中時計(クロノ=グロウリア)』や、桜雲台学院に保管されている彼の冒険の日誌『グロウリアの書(リブロ=グロウリア)』など、それらのアイテムは神器と言われ、必ず彼の名前が冠されている。

7
コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

いいね!ランキング