ARCHIVE

世界観記録

こちらはLuna Systemが手がけたシリーズや関連作品に存在する、
専門用語と世界観情報が記録されたページになります。

タグ:モブキャラ

詳細を見る

詳細

新生会副会長で、北菱を尊敬している真面目な女子生徒。北菱の片腕的存在だった。しかし天球儀事件以降、彼女は学業に専念すると言い新生会から脱退した。

北菱との関係

彼女の退会は、少なからず代表の北菱もショックを受けており、それにより新生会の力は大きく削がれる事になる。北菱の裏切りとも取れる天球儀事件は、新生会に大きな傷痕を残したのだった。しかしながら、唯一雪ルートでは、雪本人の説得のお陰で米沢さんは会員に復帰する。そして主人公のサポートもあって理想の新生会へと成長していくのだった。だがそれ以外のルートでは脱退したままである。

登場シーン

  • [共通ルート2章]生徒総会
  • [雪ルート7章]新生会のミカタ
  • [雪ルート9章]春の訪れ

コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

同ソフトボール部の斉藤さんの友達。運動神経が良く、ソフトボール部のエースであり、美人だともっぱらの噂。そして喫茶店コスモス店長の一人娘。

父親との確執

父親には喫茶店なんて古くさいしコンビニにしてしまった方がいい、と悪態をつきながらも、その実はとても愛していた事が分かる、思春期ならではの少女の悩み。同じ女子であるエリサの親身な相談に、彼女はようやく心を開いてくれた。この解決が切っ掛けで、コスモスの店長へ、商店街ぐるみのセイカ祭誘致の交渉を潤滑に進めることができた。(生徒総会参照)

コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

グレゴリオ寮の責任者。中年の女性で寮内の使用人全員をまとめている。生徒たちからも人気で、学生の生活から女性の悩みまで、なんでも相談に乗ってくれる母親のように頼りになる存在だ。学園理事長とは元々同僚で非常に仲が良い。

生徒会との関係

生徒会長の優理とは親しく、生徒会と密に連絡を取って、寮と生徒の連絡伝達や問題の早期解決などを計っている。学生寮内でのイベントや寮の問題などは、生徒会との連携の元、彼女の権限により執り行われている(外伝のクリスマスパーティやハロウィンイベントなどもその一つ)。

寮内のペットは

寮内はペット不可だが寮長権限で、グレゴリオ別棟の一室を飼育場として開放している。理由があってペットを連れている生徒の動物などがそこで飼育されている。エリサのナナが預けられているのもこの場所。

飼育場の入場料?

寮内の飼育場は、預けられたペットたちを自由に見て楽しめる代わりに、一方で入場料のような寄付金を募っており、それがペットたちの食料や飼育代に充てられる、というシステムが組まれている。なのでペットたちは見世物にもなっているが、三食お風呂に寝床付きと待遇はとても良いらしい。

実は動物好き?

寮長が寮の周りにいる捨てられた野良猫へ、定期的に餌を与えたりお風呂に入れたり健康診断したり去勢したり…と世話を焼く姿がよく見られる。普段は厳しい寮長だが実は動物好きなのでは、という噂も。

コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

気さくで快活で、どこか笠倉を彷彿とさせる性格らしい。優理とは二年間同じクラスらしく、作中であまり語られない優理のプライベートなクラスの話が聞ける。イラストを描くのが得意で、本人曰く、可愛い女の子を描くときは画力が5割増しになるのだとか。

俗楽部の部長は

2月のバレンタインの際には上級生の部長がいたが、今では卒業してしまい二年生である彼女が部を引き継いでいる。

登場シーン

  • [共通ルート2章]依頼は優理チョコ
  • [優理ルート10章]これは文学ですから

コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

才城かりんの自宅マンション付近に住む幼い女の子。かりんが公園の砂山を誤って壊してしまった事を切っ掛けに、柚子と仲良く遊ぶ事になる。二人は童心に返ったように砂山でトンネルを作り、それを見た兄の才城蓮は幼い頃の郷愁に浸っていた。トンネル完成後には柚子の母も登場。

登場シーン

[かりんルート]よしよし

コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

料亭「ふじの」の女将。背は低く、見た目は雪に似ていて非常にマイペースだが、その性格はだいぶ違う。元成稜学園の卒業生で凜堂家とは知り合いの仲。意外と重要人物で登場場面が多い。藤乃家の人間はなぜかみんなマフラーをしているもよう。寒がりなのだろうか。

女将について

女将をしているだけあって相当な気配り上手で話し上手。並の一般人ならすぐ彼女のペースに持ち込まれてしまうだろう。

登場シーン

  • [雪ルート7章]ある日料亭に招かれて
  • [雪ルート9章]彼女のお母さん、藤乃雪の消失
  • [雪ルート11章]出店依頼、用意は万全、小さな板長」
  • [耶々ルート9章]根源

コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

雪の父親で、高級料亭ふじのの親方であり板長を努める。当然彼もマフラーをしている。最近はギックリ腰が悩みだとか。

花板について

その腕前は確かで、風貌や性格はまさに古き良き職人堅気そのもの。あまりにも無口で口数が少なすぎるが、雪やその母、弟子たちはどうやらその言葉を理解しているようだ。どうやら声のトーンに差異が微妙にあるらしい。

登場シーン

[雪ルート11章]出店依頼、メニューは如何に?

2
コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

子供会のレクリエーションで出会った女の子。小学生高学年くらいの少女で、ルビィという飼い猫が居なくなってしまったことで落ち込んでいた。彼女もまた優理の優しさに触れ、成稜学園の入学説明会に参加するほどファンとなったのだった。

4
コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

遅刻して喧嘩した友達と仲直りしたい、と椎名相談所へ訪れた女子生徒。軽めで細かいことは気にしないタイプ。

4
コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

湊十区に住む地主。凜堂家とは旧知の仲。長年、凜堂の父よりクロノクロックキーを預かっていた。

4
コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

喫茶店コスモスのマスターであり、湊十区商店街の代表を務める。名前はYoshida。嫁を早くに亡くし溺愛する一人娘がいる。昔から親しき仲間が気軽に集える喫茶店を開くのが夢だった。趣味は筋トレとお菓子作り。ビジネス街として有名な湊十区だが、規模は小さいながらも昔から商店同士のつながりはある。商店街代表の彼がセイカ祭に出店を決めてくれたお陰で、商店街の人たちも動いてくれた。

マスターYoshidaとは

彼の以前の素性は不明だが、元実業家という噂があって、よくビジネス界の大物たちがコスモスへ訪れているのを目撃されている。一時期、湊十区の商店街が経営難に陥り、破綻しかけた際に、何者かが地元を救うために自腹で多額の融資をして立ち直らせた経緯があるらしい。

4
コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

SAKUMO商店街で、松田青果店という果物屋を経営している店主。優しそうな中年女性で、髪は後ろで束ねてこざっぱりした格好をしている。椎名と親しく、蓮との間柄に興味津々。ポチという大型犬を飼っていて、よく未桜公園周りを散歩している。

登場シーン

[椎名ルート]桜の公園で/夕焼けの街

3
コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

蓮やかりんと同じマンションに住む中年女性。兄妹デートの最中に出会うも、手をつないでいるにも関わらず仲のいい兄妹としか見られなかった事に少し寂しさを感じる蓮とかりん。どうやら彼女の家族にも、二人と同じくらいの子供たちが居るようだ。

登場シーン

[かりんルート]お買い物

2
コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

明日葉の友人の妹。まだ幼い彼女を”クエストオーダー”の子守として引き受けた。他愛ないおままごとではあるが、椎名と蓮とその娘による幸せな未来の家庭像を垣間見ることができる。

登場シーン

[椎名ルート]アス研クエスト椎名編

1
コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

元成稜学園生徒会長。卒業後は実家の神社の宮司を継ぎ、道場で武道や神通力を教えていた。その後、成稜学園の学園長となる。だが幼い頃に耶々が重病にかかり、その身代わりとなって他界した。

彼の理念は

「この世の中は常に公平。正しい行為は必ず報われる。自分が正しいと思うことは、堂々と然るべきだ」そう信念を抱き、耶々に教えていた。

2
コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

一見気難しそうに見えるがその実は…。しろぐら劇場の「男の友情」は本編をメタったネタ話が多いが、これは果たして本当かどうか。裸エプロン以外では颯太朗とは音楽と読書の趣味が近いという。

白羽家について

優理の母方が地主系のお金持ちだという設定はあるが、一等地に戸建て持ちで、部下のいる部長クラスのサラリーマンというスペックの彼がいたからこそ、優理が幸せな上流家庭のお嬢様、という育ちができたのは間違いない。

外見は

背は高めでヒゲを生やしカッチリとした服装を着ていて、少し厳つめな風貌をしている男性。

登場シーン

[優理ルート10章]緊張のご挨拶 [11章]トラウマ [しろぐら]男の友情

2
コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

詳細を見る

詳細

見た目も然る事ながら優しく柔和な性格なあたり、優理にとても似ている。姉と思えるほど若く見えるようで、まるで将来の優理を連想させる、とは颯太朗談。胸の方もしっかり優理に引けを取らず大きい。近所の子供会の役員を務めている。やはり優理と同じく、芯はしっかりしていて人に頼られる存在なのかもしれない。

登場シーン

[優理ルート10章]緊張のご挨拶 [11章]トラウマ/新しい家族

2
コメント

※コメントは管理者により承認制になります。

※コメント投稿後はトップページにリダイレクトされます。

いいね!ランキング